トップページ > RING JACKET(リングヂャケット) > RING JACKET(リングヂャケット)guji別注 VITALE BARBERIS CANONICO ダブルフェイスウールフランネルグレンチェックアルスターコート RC66/RE016F05 14162200028

RING JACKET(リングヂャケット)<br>guji別注 VITALE BARBERIS CANONICO ダブルフェイスウールフランネルグレンチェックアルスターコート RC66/RE016F05 14162200028

RING JACKET(リングヂャケット)
guji別注 VITALE BARBERIS CANONICO ダブルフェイスウールフランネルグレンチェックアルスターコート RC66/RE016F05 14162200028

商品番号 14162200028

151,200円(税込)

[1,400ポイント進呈 ]

color\size 42 44 46 48 50 52
ネイビー × × × ×

△:残りわずかです
×:申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

返品交換について

※モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。
※商品は実在店舗での販売もしておりますのでタイムラグにより在庫数のずれが 生じる場合がございます。在庫ありの表示でも品切れの場合がございますので、 あらかじめご了承頂きますようお願いいたします。

RING JACKET(リングヂャケット)
guji別注 VITALE BARBERIS CANONICO ダブルフェイスウールフランネルグレンチェックアルスターコート RC66/RE016F05

『大人の男はどこまで渋くなっても困ることはありません。』

ラグジュアリー且つエレガントなCANONICO社謹製ダブルフェイスフランネルを使用したRING JACKET(リングヂャケット)×gujiのアルスターコートはネイビートーンのグレンチェックをシャドー調に配したムーディーな一着です。

RING JACKETが得意とする厚みと絞りを効かせたシルエットはナイスミドル感をしっかり漂わせる仕上がりであり、英国感とイタリア感を絶妙なバランスでミックスした凛とした立ち姿は紳士の極まりを予感させるダンディな空気を漂わせます。

2パッチ&フラップ6B、インバーテッドベント、ラペル巾11.5cm、袖アンフィニッシュドです。

(画像のスタッフは177cm、70kgで46サイズを着用しております。)

≫ より詳しい解説をブログに掲載しております

STAFF Voice

完全に定着した感のあるアルスターコート。
その中でもリングヂャケット謹製のこちらはインバーテッドプリーツやバックベルトなどの本格的なディテールにそそられます。
微量の赤を織り交ぜたネイビーのグレンチェックはダブルフェイスでしてシンプルに見えてこだわりある生地のチョイスにも抜かりはありません。

スタッフ 畑中


よりグラマラスなスタイルに見せるほんのりワイドな襟型と胸元をグッと強調するシャープなシルエットが特徴のコートでして、軽く羽織るだけで貫録が数割アップしそうな渋コートですね。
ネイビーをベースにしたシャドーグレンチェックも無地感覚で着ることが出来つつ非常に洒落ていて、ビジネスコートとして最高レベルのエレガンスを持っている一着だと思います。

スタッフ 西出



コーディネートサンプル

サイズ

着丈 肩幅 袖丈 胸囲 ウエスト
42 92 42.5 62 99 86
44 94.5 43.5 63 102 90
46 96.5 44.5 64 104 94
48 98 45.5 65 106 96
50 100 46 66 108 98
52 102 47 67 110 100

※単位はcmです。 詳しいサイズはコチラ


商品番号 14162200028
モデル RC66/RE016F05
販売価格 ¥140,000 + tax
シーズン 秋 / 冬
素材 表地:ウール100%
裏地:キュプラ100%
袖裏:キュプラ100%
生産国 日本
付属品 無し

【修理希望のお客様へ】
修理希望のお客様はコチラのページより、 希望の修理方法を一緒にカートに入れてご注文ください。
※修理が必要な場合のみご注文ください。ご注文が無ければ未修理にて発送致します。

ブランド

RING JACKET/リングヂャケット
1954年、大阪にて「注文服のような着心地の既製服」というコンセプトのもとに設立。既製服で 「テーラーで誂えた様な着心地の服」を作ることにこだわり、大阪府貝塚市に本社直営工場を開設、さらなる着やすさと美しさ・完成度を求めるためイタリアの有力縫製工場に訪問し技術指導を受け、立体的縫製を取り入れパターンの研究を繰り返し、今日の独自の縫製スタイルを構築、国内随一のファクトリーに成長しています。特に前肩と身頃のあわせ、胸のドレープなど着心地を左右する工程で、独自の高レベル技術を発揮、立体的かつ着心地の良い服を作り続けています。

アイテムカテゴリ