what's guji…

毎回一つのアイテムにフィーチャーし、日々切磋琢磨する塾生がgujiらしい、時にはらしくない?(汗)渾身のスタイリングを提案する『齋藤道場』。
館長はSAITO STYLEでお馴染みのguji京都店店長であり、シーズンカタログのメインモデルを務める男、齋藤。
愛と厳しさを併せ持つという噂の男の元に、四人の男が集まったのでした・・・というのがいつもの流れですが、今回はどうやら齋藤道場に招かれざる客が・・・。
「甘々のスタイリングしやがって・・・」「媚びやがって・・・」「もっと攻めた姿が見たい・・・」という荒々しいワードとともに、バイヤー岩佐が掟破りルール無用の道場破りに。
今シーズンのトピックスアイテムの一つであるレザーライダースを使用したスタイリングで、日和った門下生に活を入れることが出来るのか?それとも逆に入れられてしまうのか・・・汗。

道場生のご紹介

  • 館長/最高師範 齋藤
    ・京都店店長兼SAITO STYLE、シーズンカタログのメインモデル
    ・カラダのたるみが出始めてきた
    ・好きなブランドはDe Petrillo
  • 初段 井上
    ・膨大な数を誇るgujiのアイテムラインナップに翻弄されるWEB掲載アイテム物撮り担当
    ・ストリートの香りをスタイリングにプラスする傾向あり
    ・好きなブランドはCellarDoor
  • 門下生(降格) 西出
    ・WEB部門ディレクター
    ・体重と体脂肪の低下が何よりもうれしい
    ・第三回より師範の地位がはく奪される
    ・好きなブランドはTAGLIATORE
  • 門下生
    ・balcone部門担当
    ・最近仕事量が増えている気がする
    ・好きなブランドはkolor
  • 門下生 村岡
    ・gujiオフィシャルのインスタグラマーとして活躍する期待の若手
    ・元スタイリストという期待の経歴
    ・好きなブランドはPINE
  • 道場破り 岩佐
    ・guji創業メンバーにしてバイヤーチームを統べるチーフバイヤー
    ・趣味は渓流釣りで休日はもっぱら沢登り
    ・好きなブランドはpaideia

スタイリング発表勝負始め!

1番手

さいとう

齋藤提案スタイリング

館長/最高師範

→
←

【スタイリングポイント】
ダブルのライダースという少しハードなイメージがありますがチンクアンタに掛かれば上品でエレガントさを感じさせるライダースになりますよね!
その特徴を生かしたスタイリングを心掛けててみました!
ブラック×ブラウンの落ち着いたトーンに、首元のレイヤードでこなし感を加えることで上品さを演出。
更に大判マフラーをあえて肩掛けすることでエレガントさもプラスに!
大人な男性を意識する上でレイヤードや小物の使い方には一番気をつけたスタイリングです!

2番手

いのうえ

井上提案スタイリング

初段

→
←

【スタイリングポイント】
基本的には硬派イメージが強く、男っぽさが強調されてしまいがちなダブルのライダース。
ブルゾン以外はベージュ?ブラウンといった温かみのあるグラデーションカラーにしてハードさを抑え、 インナーにはクルーネックの柔らかい雰囲気のニットを合わせほんのりカジュアルに。
足元はスニーカー・・・といきたかったところですが、スウェードのチェルシーブーツをもってくる事で少し大人っぽい雰囲気に仕上げてみました。
あくまでもリアルクローズ感を忘れず、シンプルながらもそれぞれのアイテムの良さを活かせる様に・・・といった感じです。

3番手

にしで

西出提案スタイリング

門下生

→
←

【スタイリングポイント】
どのショップでも毎日提案されている"英国調"、トレンドとは関係ないですが、ニュアンスとして裏を読みほんのりロック感のある、ちょっとやんちゃなスタイルを目指しました。
ロックといえばチェック、パンクといえば赤ということで、インナーには華やかでストリート感のあるチェックシャツをチョイス、気持ちルーズなシルエットなのでタックアウト、 そしてパンツまでクラッシュ系のデニムやブラックチノですとテイストがストレート過ぎますし、大人っぽさが出ないということでプリーツ入りのウールパンツを合わせました。
バッグは相反するようなエレガントなものにすることで上品さをプラス、革小物でグレード感を出すことで全体のスタイルにクラス感が生まれます。
足元は色気を感じさせるクロコタッセルのパテントスリッポンで決まりです。

4番手

いずみ

提案スタイリング

門下生

→
←

【スタイリングポイント】
道場破りに戦々恐々としながらも、そろそろ門下生を脱出したい気分の第四戦目。
正直言いますと今回は特にテーマが無く、自分が着るならこのスタイルかな?という感じで組み立てました。
色目のトーンを抑えつつフーディで軽快さを、更にウールパンツで上品さを出してバランスをとっております。
結果的にさっぱりしたストリートスタイルが出来上がったわけですが、果たして吉と出るか凶と出るか、、、

5番手

むらおか

村岡提案スタイリング

門下生

→
←

【スタイリングポイント】
『スマートにダブルライダースを着こなし街角のカフェで休日を楽しむ出来る大人』をイメージしスタイリングを組んでみました。
お題がダブルライダースということでインパクトの強いアイテムですので、他のアイテムは少しシンプルな物を選び知的な雰囲気が出る様にしています。
インナーには今季も継続中のトレンドカラーであるベリー系のタートルネックをチョイスし、パンツには秋冬ならではのコーデュロイを明るめのベージュで合わせました。
足元はカジュアル過ぎにならない様コインローファーに。最後にアイウェアで出来る大人を演出しております。

6番手

いわさ

岩佐提案スタイリング

道場破り

→
←

【スタイリングポイント】
艶のあるライダースジャケットを、残りはすべてマットな印象でボリューム感のあるアイテムで仕上げました。
テーマはその名の通りラギッドです。
ダブルのライダースのボリューム感に負けない力強いアイテムをチョイスしました。

スタイリング発表勝負やめ!

Ranking
Result announcement

Ranking Result announcement

寸評

gujiスタッフはじめ、姉妹店のringスタッフ、そしてレディース店bigliettaスタッフの意見を最も重要視したランキングにより勝者を決定するこの企画、 第四回優勝者は前回に続き館長齋藤のスタイリングとなりました。

ライダース全く見えてないやん・・・という声が多かったものの、ブラックに合わせるカラーにブラウン系のグラデーションを持ってきたところが高評価でした。
次点に門下生泉のスタイリング。レザーにフーディーという定番のスタイルですが、サイジングの妙、そして潔くモノトーンに絞った色使いが支持を集めています・・・が、 今回は正直2位以下はほとんど同点というくらい競っておりまして、1位の館長スタイリングが突出した人気を獲得しました。
ちなみに今回のスタイリングもインナーにニットを用いるスタッフが多く、あらためてその汎用性の高さを示す結果となっています。

道場破りのバイヤー岩佐は無念の6位という結果に。初めての参加ということで齋藤道場という特殊なフィールドでの置きに行き方をまだ体でつかんでいない一方で、個性的なスタリングを提示。
ここ最近スタイリングに使用するアイテムや色使いが画一化されつつあり、様々なバリエーションで着て頂ける着回し企画のはずなのに、どうも似通ったスタイリングが多い・・・、 そんな現状に一石を投じ、ファッションを自由に楽しむという基本を思い起こさせてくれました。

という今後の分水嶺になるかもしれない第四回の結果により、門下生泉は次回より初段昇格となります。

今回使用したアイテム一覧

今回のお題アイテム

Cinquanta(チンクアンタ)
ラムナッパレザースタンドカラーダブルライダース

¥159,840

「齋藤道場」のアーカイブ一覧

特集一覧


PAGE TOP