what's guji…

毎回一つのアイテムにフィーチャーし、日々切磋琢磨する塾生がgujiらしい、時にはらしくない?(汗)渾身のスタイリングを提案する新企画『齋藤道場』。
館長はSAITO STYLEでお馴染みのguji京都店店長であり、シーズンカタログのメインモデルを務める男、齋藤。
愛と厳しさを併せ持つという噂の男の元に、四人の男が集まったのでした・・・。
第一回目のお題は厳し過ぎる夏の日差しをものともせず、かたやオーバーミドルを底冷えさせる効き過ぎた空調にも対応できるというTAGLIATOREタリアトーレの名品 SAHARAサハラのリネンジャケットです。
シンプルなアイテムだけに、ちょっとした小物の合わせ方が吉と出る・・・、そんな気がするジャケットです。

道場生のご紹介

  • 館長/最高師範 齋藤
    ・京都店店長兼SAITO STYLE、シーズンカタログのメインモデル
    ・撮影の前日に深酒してしまう傾向あり
    ・好きなブランドはDe Petrillo
  • 師範 西出
    ・WEB部門ディレクター
    ・体重と体脂肪の低下が何よりもうれしい
    ・guji laboratorioのバイイングを始めた
    ・好きなブランドはTAGLIATORE
  • 門下生
    ・balcone部門担当
    ・初めての海外がgujiバイイングに同行するヨーロッパ研修
    ・好きなブランドはkolor
  • 門下生 井上
    ・膨大な数を誇るgujiのアイテムラインナップに翻弄されるWEB掲載アイテム物撮り担当
    ・子供に甘い
    ・好きなブランドはCellarDoor
  • 門下生 村岡
    ・最近入社した期待の若手
    ・gujiオフィシャルのインスタグラマーとして来月から活躍予定
    ・好きなブランドはPINE

スタイリング発表勝負始め!

1番手

さいとう

齋藤提案スタイリング

館長/最高師範

→
←

【スタイリングポイント】
今年のトレンドと言えばコロニアルカラーではないでしょうか。 無類のネイビー好きの私も今季はどっぷりコロニアルなブラウン、ベージュにハマっておりまして! 落ち着いた色目が大人な雰囲気を醸し出してくれるところが気に入っております。
そんなカラーを多用したスタイリングをご紹介。
夏になりますと、どうしても軽装でラフになりがちですがキチッと感のスタイリングもしたくなりますよね。
そんな方には是非、おススめしたいスタイリングです。
パンツはショーツで軽快に、インナーやシューズはニットポロやスリッポンで落ち着いた大人な雰囲気を演出。
色数をあまり使用しないところも雰囲気を出すポイント。
ただ、首元に今季のマストアイテムなスカーフを巻くことで華やかさも出て、リゾート地でのデートスタイルとしても バッチリ活躍してくれますよ。

2番手

にしで

西出提案スタイリング

師範

→
←

【スタイリングポイント】
最近サックスブルーの上品さ、エレガントさを再確認していまして、ベージュにサックスを合わせたジェントルスタイルを目指しました。 紳士といえばタイドアップにブレイシーズというコンビネーションと相場が決まっていますので、シャツやタイ、ブレイシーズの色味をジャケットに合わせ、統一感を持たせています。 足元はトレンドのコロニアルスタイルを意識したグルカシューズをチョイスすることで、ビジネススタイルとは違う、ファッションを意識したタイドアップスタイルの完成です。

3番手

いずみ

提案スタイリング

門下生

→
←

【スタイリングポイント】
このスタイリングのイメージ像は、30代後半〜40代前半のアパレルショップマネージャーの1泊2日の出張スタイル(店舗周りが主)でして、取引先さんとのやり取りがない場合はこのぐらいラフなスタイルでもいいんじゃないだろうかと想像して組んでみました。
あまり多色使いしすぎると、とっ散らかった印象になりそうだったので基本はブラウン×ネイビーの2色に纏めたんですが、gujiらしい艶っぽさがあんまり表現できていなかったですかね。。。スニーカーをローファーにしても良かったかもしれません(汗)精進します!

4番手

いのうえ

井上提案スタイリング

門下生

→
←

【スタイリングポイント】
ブラウンベージュといった同系配色にする事でほんのりコロニアル感を意識しつつ、スタイリング自体はモードブランドに見られる様なサラっとクールなイメージで組んでみました。
上質でクリーンなアイテムを使用しつつ、サンダルを取り入れる事であまりカチッとし過ぎない”なんとなくラフ”な印象に仕上げた点を上手くお伝えできていれば嬉しいです。

5番手

むらおか

村岡提案スタイリング

門下生

→
←

【スタイリングポイント】
第一回、斎藤道場のスタイリングアイテムはジャケットという事で、今回は色を中心にスタイリングを考え、カジュアル過ぎず、決め過ぎず大人の余裕を意識してみました。
インナー、パンツには明るい色味を選び、全体的に柔らかい印象になるようにし、シューズ、クラッチバックといった小物を濃いめの色にすることで引き締めています。
個人的なテーマは『女性とのお食事』に設定しています。

スタイリング発表勝負やめ!

Ranking
Result announcement

Ranking Result announcement

優勝

寸評

gujiスタッフはじめ、姉妹店のringスタッフ、そしてレディース店bigliettaスタッフの意見を最も重要視したランキングにより勝者を決定するこの企画、栄えある第一回優勝者は門下生井上のスタイリングとなりました。
やはり好感度の高いスタイリングはシンプルで上品、奇をてらわずに気が利いている・・・、そんなスタイルなんでしょう。
特にインナーにクルーネックニットを合わせたところや、色のトーンをブラウン系で統一したところが女性スタッフから好評価でした。

館長は面目躍如の二位ですが、師範の西出は同率最下位というふがいない結果に・・・。スタイリストの経験を持つ村岡も含め、次回の奮起が期待されます。

今回使用したアイテム一覧

今回のお題アイテム

TAGLIATORE(タリアトーレ)
SAHARAサハラ リネンヘリンボーン2Bジャケット

79,920

「齋藤道場」のアーカイブ一覧

特集一覧


PAGE TOP